漢方系精力剤でインポを治す方法

ここ数年で急増しているインポテンツの悩み。
「草食系」という言葉がうまれたのも、思う存分勃起できない男性が増えたことに由来します。さすがに「インポ系男子」と呼べないのでメディアも考えたわけです。

現在、EDといった勃起障害を治療、改善するためには治療薬かWHITEBLUEのような精力剤が有効だと言われています。
ですが、治療薬は医師でなければ処方してもらえず、問診の際についつい見栄をはって勃起不全と診断されないような答えをしてしまう男性もいます。
そこで頼りになるのが漢方系精力剤なのですが、ネックは即効性がないことです。
しかし、即効性がないとはいえ、まったく役に立たないわけであはありません。カリ首から下の海綿体の血行をよくしたりとある程度の効果は期待できます。

血行促進、前立腺の刺激などが期待できる精力剤の場合、それをサポートするように日々のオナニーを工夫しましょう。
たとえば、乳首を触りながらペニスをしごいたり、アヌスにローションをつけた綿棒を挿入したりなどです。
ちょっと変態チックですが、乳首とアヌスは勃起と密接な関わりあいがあります。
まずは精力剤を飲んだあと、乳首をいじりながらシコシコするところからはじめましょう!

ながらエクササイズで健康的な顔になる方法

男であっても顔は大切です。顔の良さ=女性が抱く第一印象と言っても過言ではありません。どれだけ精力に自信があっても、それを披露する機会を得られなければ宝の持ち腐れです。

良い・好ましい顔とは、健康的な血色を意味します。パーツの造形はそれほど重要ではなく、素地をいかに整えるかがポイントになります。

テレビを見ながら、大きめのファイルをダウンロードしながら・・・あらゆる暇を活用して素地を整えましょう。はじめは面倒くさく感じますが、習慣化してしまえば無意識の動作になります。

1.目のたるみ

両手の親指を目尻に、人差指を眉間にあて、上にぐ~っと引っ張ります。額に目線をやり、上目使いで目を細めます。次は、下まぶたに力を入れ、目を閉じるか・閉じないかギリギリのところまで細め、40秒キープします。回数は1日3回もやれば十分です。

2.ほうれい線

口を縦長に開き、卵をイメージした丸型にします。上唇・下唇をそれぞれの前歯に押し付け、ぐ~っと鼻の下を伸ばします。しばらくこの状態を保つと、ほうれい線の辺りが火照ってきます。そうしたら、口角の上に人差指をあて、小さく上下します。30秒ほど繰り返したら、息を吐いて終了です。

いずれもコツは、やり過ぎないことです。少ない回数からコツコツ、習慣化することを最優先して続けましょう。

体質にあった精力剤で男を輝かせる

精力は男の魅力でありステータスです。しかし加齢だけでなく、ストレスなどでも容易に低下します。問題の根源を取り除くのは非常に難しく、解決にはWHITEBLUEのような精力剤が重宝されます。

精力剤には、強壮剤・強精剤・勃起薬の3種類があります。

ものによっては、体質に合う・合わないといった問題が発生します。血流に作用するものもあるので、血圧に持病を抱えている方、またアレルギー体質の方は、恥ずかしくとも医師に相談してから使用を開始してください。

『強壮剤』は、主に健康食品として扱われています。体全体の機能を向上させることで、同時に精力アップを狙うタイプです。滋養強壮・体力維持が目的の場合に適します。

『強精剤』は、ホルモンの分泌に作用します。精力および勃起力を促進するため、効果の実感は強壮剤よりも早いです。しかしホルモンバランスの変化により体調を崩す場合もあるので、初回から強力なものを選択するのは避けましょう。

『勃起薬』は、医薬品であるため注意が必要です。血圧に持病を抱えている方は、必ず医師の指導のもとご使用ください。服用後1時間もすれば効果が現れますが、一時的な効能であり持続性はありません。

それはEDではない?改善可能なアソコの悩み

勃起不全やインポテンツのことをEDと呼ぶようになりかなりの年数が経過しましたが、そこでちょっとした問題が発生しました。
EDとは、フィジカル、メンタルの面で勃起できない、もしくは継続しないという症状を指すのですが、単なる性欲の低下もひっくるめる風潮が広がりました。

性欲がなくて勃起しないのは当たり前です。喩えるならエンジンに問題が無くても燃料がない状態なのですから。
逆に燃料はあるのに勃起しない場合は医学的な治療が必要だということです。
では、どうして性欲の低下が起こるのかというと、日頃の環境が大きいことがほとんどです。

よくあるケースが、ネットで気軽にアダルト動画を見ることができたり、安価で高機能なオナホールなどに頼ったオナニーです。
性欲というのは、ある程度抑圧された状態で大きくなるもので、四六時中性的なものに触れていると嫌でも低下します。
また、女性が多い職場で働いているという人も注意が必要です。
ある一定の比率を女性が上回ってしまうと、周囲に気を使わなくなります。男性が幻滅するような話題もしょっちゅう口にします。その結果、女性に対し興味が薄れ、性欲も低下するというわけです。

解決方法は簡単です。上記のような環境から離れてしまえば、性欲は自然と戻り、勃起もひっきりなしにできるようになります。

いびきとEDの意外な関係とは

昔は「インポ」という一言でくくられていた勃起障害ですが、現在はEDとして認知され、様々な原因も判明するようになりました。
たとえば、心臓の持病からくるケースです。

心臓は常に血液を全身に送り込んでいますが、それが円滑に機能しなくなると息切れなどの原因になります。
これは、脳に十分な酸素を供給できないためです。
ペニスは無数の毛細血管がはしっており、脳と同じく血行が悪くなるといくら性欲があっても勃起しなくなります。
心疾患の診断で、勃起障害が認められることがチェックリストにおける項目の一つでもあるのです。
このように、昔であればあまり関係性が認められなかった症状の因果関係が解明されてきました。

無関係のように思えた勃起障害と関係性があるものとして、いびきが挙げられます。
老若男女問わず、疲労して就寝するといびきはかくものですが、ここでいういびきは慢性的なものです。これは勃起障害と密接な関わりがあります。

まず、いびきは鼻腔の片方、もしくは両方が狭まるとおこりやすい傾向にあります。つまり、口で息をしている状態です。
ジョギングなどの有酸素運動もそうですが、口だけで呼吸するとゆっくりと体力を消耗します。
いびきの場合、十分な睡眠をとっているにもかかわらず、「疲れが抜けない」、「やる気が起きない」といった慢性疲労にもつながります。結果、勃起力が低下することは意外でもありません。
次に、鼻炎などの疾患がなくても気道がふさがれるということは、男性ホルモンの一つであるテストステロンの減少が挙げられます。また、中高年になると代謝が落ち、必然的に肥満傾向になります。そのため鼻腔が肥大して鼻声になり、いびきもかきやすくなるというわけです。

勃起力が落ちた場合、安易に精力剤の類を服用せず、今一度自分の生活習慣や健康状態をチェックしてみるといいかも知れませんね。

Copyright© 2010 WHITEBLUEの評価や口コミを紹介 All Rights Reserved.